晴れの国おかやま24時間・100キロ歩行2017

 

【05/03】

昨年に引き続き、今年も参加してきました。

 

しかし吉備路ハーフマラソン以来、足の調子が悪く、井原ハーフマラソン西大寺10キロマラソンをパスしての参加です。

 

アキレス腱の痛み、右ふくらはぎの痛みが引きません。途中、良くなっては走りぶり返しの連続。100キロ歩行一週間前に走り&歩きを10キロほどやって、当日を迎えています。

正直、練習不足で不安です。

f:id:ei_001:20170509113929j:plain

 

 

 

それでも、走るのとは違い、歩行なんでなんとかなるかと受付を行い、準備を。

受付の後ホワイトボードに、『今年は20時間以内!』と書き込んでみる。香絵は亀の絵描いてた笑

 

ここで、仕事絡みの課長補佐と遭遇。まさか参加されるとは、思わなかった!

 

【10:00】

f:id:ei_001:20170505141742j:image

約1000人の参加者がスタートします。

昨年同様、今年も前の方に陣取り速い人に引っ張って貰う作戦です。

 

スタート直前に、見たことのある女の子が?

おっさんが、いきなり女の子に話しかけるのは抵抗はありますが、保護者もいるし、自分の隣りは嫁もおるしということで(ちなみに、娘の香絵はこの時、父をほったらかして遊んでいました笑)話しかけてみました。

『すみません、去年、雨の中備前中学校で応援していませんでしたか?」(名札にあいちゃんとなってました)

ビンゴだったみたいで、お母さんと去年、印象的だった話を少しさせて頂き、

 

スタートです‼︎

【10:04】

f:id:ei_001:20170505085650j:image 

順調なスタート。速い人達はどんどん前にいきます。自分も自然と足が前に前に

 

 

【10:31】

f:id:ei_001:20170505085708j:image

100キロウォーク界の有名人、サンダルおじさんと並びました。昨年も同じあたりで並んだ記憶が。

ここらあたりで、辻が娘のノアちゃん、ユウアちゃんを連れて応援に来てくれた!

ちなみに、辻は明日かえったら夜釣りに行こうと誘ってくるんだが、、、、無理だよ笑

 

 

【11:01】

f:id:ei_001:20170505085725p:imagef:id:ei_001:20170505085748j:image

スマホ触る余裕があるくらい足取りがいい。

キロ9分台は、いいペース。むしろ後半が怖い。

 

 

 【11:51】

f:id:ei_001:20170505085805j:image

清内橋に、

直前に、嫁と香絵が沖田神社下の土手で応援に先まわりしてくれてた。

 

 

【11:53】

f:id:ei_001:20170505085821p:imagef:id:ei_001:20170505085837j:image

昨年も撮影したっけ。後ろに沢山の人が

 

 

【12:44】

f:id:ei_001:20170505085856p:imagef:id:ei_001:20170505085906j:image

このあたりまで、のどかな田園風景が続くなんもない場所。足取りも慣れて来てペースがつかめてくる。一人参加の自分には話し相手もいないんで、若い前の2人に引っ張ってもらい感じでついて行きます。(後で、調べたら前の2人はかなり速い人だった汗)

 

 

 【13:16】

f:id:ei_001:20170505085925p:imagef:id:ei_001:20170505085951j:image

先ほどの2人がコンビニに入ったので、つぎのターゲット?笑      を探す。あくまでも、歩行スピードが少し速い人だ!

ただ、気になることが出て来た、、、足の甲が痛い⁈

 

 

【13:35】

f:id:ei_001:20170505090028j:image

永安橋に到着、西大寺中心部に近づくと信号にかかる回数も増え、その都度、足の甲の靴紐の位置を気にしてみる。

 

手前のパピータウンで、地元の人から「56番目だよ」と声を掛けられ、ずっと数えてるのかなー?先頭からまだ差が開いてないのかな?なんて色々巡るが、昨年後半ドンドン抜かれた経験から目指すなら100番内を思ってみる。でも、順位は出ないんだけど、、、ね。

 

 【13:56】門前交差点前CP

f:id:ei_001:20170505090049p:image

イチゴを配っていたので頂きました。ちなみに、スタート前に声を掛けたあいちゃんが、配っていたんで、あいちゃんにもお礼を。

 

いよいよ、足の甲の痛みが酷くなったので、靴紐を解き履き直し、再スタート。 

 

 

 【14:20】

f:id:ei_001:20170505090108p:image

どうも、足の甲が気になる。再度履き直したいが、キリのいい所まで、歩く決意を。

邑久町中心部にあるファミマまで行こうと。

 

 

ファミマに着くと、靴紐を緩め、一服し、ゼリーとポカリを飲食。

再度履き直していると、買い物に来てた方に100キロウォークについて問われた。昨年もだが、歩いているとよく問われる。

出発したところで、あいちゃんおって挨拶を。

 

 

 【15:27】

f:id:ei_001:20170505090124p:image

やはり、足の甲が痛い。靴をランニング練習用にしなかったため、履き慣れていないのか?それとも、靴紐を細いのにしたせいか?

とりあえず、次は昨年も休憩したJA長船支所で、履き直そうと考える。

そして、嫁に連絡して、練習で履くゲルカヤノを持ってきてもらうことに。

 

 

【16:30】湯次神社

f:id:ei_001:20170505090201p:imagef:id:ei_001:20170505090212j:image

クエン酸を頂いて、山越えに向かう。昨年、足の疲労が一気にきた場所だ。

 

 

【16:39】40.3キロ地点のチェックポイント

f:id:ei_001:20170505090225j:image

やはり、昨年の苦しい想い出が、、、

しかし、美星のマラソン大会のアップダウン、ランニング練習での岡南大橋をイメージして登ると、順調に登ることができ、何人か抜いていく歩行。

あとから来た女性にあさっり抜かれた時は、ままだまだ身が重いのかなと、、、

 

【16:52】備前市

f:id:ei_001:20170505090407p:imagef:id:ei_001:20170505090240j:image

ここから降りがはじまる。

靴紐が食い込む感じがして痛い!そして、足に体重以上の重さを感じ、足取りが重い。

降りは苦手だと改めて思い、この先に展開する中山とネオポリスの降りに不安を感じながら進める。

またしても、後ろから来た女性に抜かれた、やはり身が重いのかな、、、

 

 

【17:16】

f:id:ei_001:20170505090427p:imagef:id:ei_001:20170505090441j:image

やっと、山越えのチェックポイントを通過し、備前中学校の目前と。

昨年より、楽に山越えした感じがする。

二度目で、道のりを経験したためかな?

 

 

 【17:18】

f:id:ei_001:20170505090452j:image

昨年は、うどんだったが、今年は玉かけごはん。

まだまだ序盤ということもありチャレンジャーが多数押し寄せてくるので、回転率の早い玉かけごはんは正解だと思う。

大変おいしく頂きました。

 

まだ二回目の参加だが100キロウォークでつくづく思うことがある、食事に関してはこういったチェックポイントでおもてなしで、十分に賄えること。

どんどん疲労していけば、固形物の食事が欲しくなくなってくるためこの後に出てくる「どん汁」「ぶっかけうどん」がとてもよい。

そして、あとはひたすら飲み物で対応できることを感じる(ちなみにこの後、ゼリーは頂きました笑)

 

 

【18:14】

f:id:ei_001:20170505090504p:image

伊里漁協の手前で、会社の岡崎くんが来てくれた。なんでも、知り合いが出場しているらしく、母親と一緒にきてるらしい。

さすが岡崎くん、わいを出迎えに伊里漁協から手前2キロ以上歩いて来てくれていた笑。

来年でろよ!岡崎くん笑

 

 

【18:35】

f:id:ei_001:20170505090514j:image

伊里漁協に到着。嫁がきてくれていたが、とりあえず岡崎くんのお母さんに挨拶を。間違えて他の人に挨拶しちゃった。間違えてごめんなさい汗

 

ここで、練習用の靴に履き替え、一服。

岡崎くんから差し入れしてもらったポカリを飲み干して、ウィンダーゼリーをポケットに入れ、夜行装備を準備。そうそう、ここでロキソニン1錠を。

 

さて、出発しようとした時!

横にいた香絵が、おもむろに、『なんか、くさーい』

 

周りいた、100キロウォークの参加者の方が数人一斉に『ごめんねー』

 

いやいや、皆さんが足にかけてるサロンパスは普通ですし、その匂いは当たり前で、空気を読めてないのはうちの娘!こちらこそ「すみません」と汗

 

 

 【19:02】

f:id:ei_001:20170505090534p:image

靴を交換して、少し楽になった感じが、こういった長時間におよぶものは、少しでも、阻害要因やストレスを取り除いていくのも大切な作業なんだと実感する。

f:id:ei_001:20170505090551p:image

f:id:ei_001:20170505090610j:image

f:id:ei_001:20170505090622j:image

 f:id:ei_001:20170505090643p:image

f:id:ei_001:20170505090704p:imagef:id:ei_001:20170505090724j:image

f:id:ei_001:20170505090752j:imagef:id:ei_001:20170505090803p:image

 

f:id:ei_001:20170509114832j:plainf:id:ei_001:20170509114855j:plain